ソラからの情報を知って

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/23〜25のソラ【ハワイ諸島、溶岩、ペレ、太平洋の海底図、地震の警告、博物館、平らな地球だった】

<<   作成日時 : 2015/05/30 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月23日東京都北区17:23
画像



5月23日東京都北区17:30
画像



5月24日東京都北区11:57
画像



5月24日東京都北区16:54
画像



5月25日東京都北区11:03
画像


30日20時24分頃 小笠原諸島西方沖 M8.5 震度5強
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20150530203436395-302024.html

25日14時28分頃 埼玉県北部 M5.6 震度5弱
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20150525144359395-251428.html


*****************************

【地球の謎解き】 より

2015年5月26日(火)
ハワイ諸島、溶岩、ペレ、太平洋の海底図、地震の警告、博物館、平らな地球だった、火山の噴火



オアフ島、チャボの島のカウアイ(飼う・愛)島、ハワイ島へ行ってきました。

ハワイの溶岩はなぜナマズのようになって出て来るかというと、外に出たいと思う原子たちは、地下から出てくる時は砂と同じで、出てから酸素や水素と結合して熱せられ、さらに仲間と結合するからと、物語風に伝えてきました。

これまでからマグマは地下には存在しない、外に出て酸素と結合してから熱を持つと伝えてきています。

そして溶岩がナマズが抜け出たようにでてくるので、その穴が地下空洞になって、地球の地下全体に広がっていること、ワイキキ、ダイアモンドヘッド、カウアイなどの意味、ペレの本当の姿?溶岩の意味、メネフネと日本の関係、遺跡はストーンサークルなどヨーロッパと似ていたり、太平洋の海底地図の意味を知らせてくれたことには驚きでした。

わかりやすいのはグーグルの航空写真の地図です。
なぜ、アメリカ大陸からハワイ島までは海底は規則的な小さな隆起が直線で続いているか?
ミット・ウエー島過ぎから日本と関係のあるカムチャッカに向かっているのか?
マリアナ海溝がなぜあるのか?
ソロモン島で大きな地震が2回起きたこともつながっていきました。

又、フライト中に見たビデオで、メキシコのピラミッドの遺跡の下に15mの深さの地下通路があり、ピラミッドの真下に十字路の溝があり、そこからボールが出てきたというのを見ていましたが。それもシンクロでした。

メキシコ地下空洞からボールが発見されました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/


#)関東地方でM5.5 震度5弱の地震が起きました。
幸いなことに被害はあまりなかったようですが、
ソラはいつものように雲や環水平アーク(横虹)などで知らせていたようです。
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=20150525163050


#)博物館の展示物が夜になると動き出すと言う映画をフライト中に見ましたが、そのことはイシキの世界ではありうることで、マのモノを神としてあがめていたりすることで、さらに強力なエネルギー体が発生し、思わぬ影響があることを知らせてきました。


*)ミステリーサークルを描くフグは、海底でも思いを持って働いているイシカミたちへの感謝の気持ちを、花束?として描いているそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150521-OYT1T50102.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

5/23〜25のソラ【ハワイ諸島、溶岩、ペレ、太平洋の海底図、地震の警告、博物館、平らな地球だった】 ソラからの情報を知って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる